iPhone修理

水漏れによるiPhone修理について

iPhoneが濡れることで水漏れや水没による損傷は、iPhoneの製品保証の対象外として扱われます。そのため、正規の修理サービスプロバイダに修理を依頼しても修理を行ってくれません。修理の代わりにiPhone本体の交換修理となるので、修理にかかる費用が高くなります。
iPhoneが水没したり水漏れを起こした場合は、すぐに修理業者に直接iPhoneを持ち込むのが早いとされます。なぜなら、もし使えたとしても本体に水が入っている状態になるので、放置することで錆が発生する可能性が高いからです。また、内部のパーツや基盤が腐食するので、結果的に故障を招きやすくなります。
さらに、水没したiPhone修理を業者に持ち込む前に、iPhoneを操作するのはお勧めされていません。iPhoneを操作することで余計に故障する確率を高めることになるので、電源を入れると基盤がショートすることになります。
他にも、本体を振ることで水を取り出そうとしても浸水箇所を広めることになるので、基盤に水が行き渡りやすくなって故障の原因に繋がります。そして、水没したり水漏れした状態のiPhoneを充電することは、一般的に禁じられています。水漏れや水没したときiPhone修理に出す際は、一切いじらずに早めにiPhone修理業者に出すのが、治すための最善の道となります。

iPone修理代を比較

iPhoneを修理に出す時にやはり、一番気になるのは修理代ですよね。修理代も修理内容やその状況によって違います。まず故障が画面割れのみの場合正規店の保険の iPhone未加入…

iPhoneの修理にかかる期間

iPhone修理の期間は、正規の修理サービスプロバイダに予約して修理を依頼すれば、故障の状況次第で修理を頼んだ日に修理が終わります。とはいえ、iPhoneの故障の状況が深刻で…

iPhoneの製品保証と修理の関係性

iPhoneの製品保証の期間は、iPhoneを購入してから1年間となります。なので、修理に出すiPhoneが製品保証の対象であると、修理サービス料金が無償になります。けれども…

水漏れによるiPhone修理について

iPhoneが濡れることで水漏れや水没による損傷は、iPhoneの製品保証の対象外として扱われます。そのため、正規の修理サービスプロバイダに修理を依頼しても修理を行ってくれま…